toggle

海岸漂着プラスチックレジンペレットを分析した地球規模のPOPsモニタリング

汚染マップ

海へ出かけたとき、海岸に漂着したごみを目の当たりにしたことはありませんか?その中にはプラスチックもあるかと思います。
International Pellet Watch(IPW)では、海岸に漂着しているレジンペレット(ペレット)というプラスチック小粒を分析することで、沿岸海域の疎水性有機汚染物質の汚染モニタリングを行っています。
2005年の開始以降、50か国80以上の個人や団体がこのプロジェクトに参加し、世界中で500地点以上のペレットが送られてきました。そしてモニタリング結果を発信し、地球規模で海洋汚染状況を監視してきました。
分析対象成分は、PCBsや有機塩素系農薬などといった残留性有機汚染物質(POPs)です。POPsは生物蓄積性、海洋生物や人への悪影響のために、ストックホルム条約といった国際条約により規制されています。

プラスチック汚染

ペレットは表面が親油性であるため、周辺海水中からPOPsをはじめとする疎水性物質を高濃度に吸着します。同様の蓄積は海洋中のプラスチック破片にも起こります。ペレットは、すべての海洋プラスチックの代用物といえます。

IPWでは、リスク評価のために海洋プラスチック中のPOPs濃度と地域差を明らかにします。IPWではこれまで、これまでに、海洋プラスチックが海洋環境中のPOPsを遠くまで輸送することを説明してきました。

また、IPWに関連する研究においても、生物が誤って摂食したプラスチックからPOPsが組織に移行されることが説明されました。
IPWによって得られるグローバルな汚染マップは、プラスチックの有害化が地球上のどこでも世界的な規模で起こっていることを示しています。

しかし、世界中で分析できていない海域もありますし、過去に分析した海域でも現在の汚染状況が変化している場合もあります。

自分が拾ったプラスチック粒により、世界の人々とつながり、それにより地球規模の問題理解に参加できる、一緒にやってみませんか?浜辺に行った際、ペレットを拾って私たちに送ってください。自分で拾ったプラスチック粒により、世界の人々とつながり、地球規模の問題理解に参加することができます。未来の海を守るために、一緒に取り組みませんか?

プラスチックの時代からの脱却を

■ 街で発生したプラゴミが世界の海を漂う
■ プラスチックを摂食する海洋生物
■ 化学汚染物質を運ぶプラスチック
■ マイクロプラスチックの増加と食物連鎖による人への懸念
■ 使い捨てプラスチックの削減を

近くの浜辺でペレットを拾って送ってください

 IPWでは依然として分析地域が世界全体を網羅しておらず、モニタリングを継続しています。あなたが近くの浜辺で拾ったペレットを送ってくれるとしたら、それは地球を守ることにつながるでしょう。

新着記事

  • 2018/4/19 葉山マイクロプラスチック拾い・出前授業
    2018-07-04

    今回は、今年4/19に行った、葉山での出前授業・マイクロプラスチック拾いについてです。

    (日付が前後してしまい申し訳ありません)

     

    葉山のNPO法人オーシャンファミリー海洋自然体験センターにて、高田先生による出前授業と、実際に砂浜に行ってマイクロプラスチックを拾うフィールドワークを行いました。
    スライド2スライド1

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    昨年、オーシャンファミリーに所属する小学1年生の子供たちが一色海岸でペレットを拾い、送ってくれました。今回はそれらのペレットを分析し、その結果も踏まえて授業を行いました。普段の講義の内容に加えて、日頃入っている海岸の汚染状況をお伝えしたため、身近な問題だということを意識してもらえる良い機会になったかと思います。

     

    畳に縁側がある、とても素敵な会場でした。
    20180420_180704_0002
     

     

     

     

     

     

     

    そこに続々と小学生1・2年生が集まってきます。柱に登ったり走り回ったり、このあと果たして話を聞いてくれるのかと少し心配になりながら待ちつつ、出前授業が始まりました。

     

    20180420_180704_000120180420_180704_0003

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    普段の内容を噛み砕いて、スライドには日本語を多用しながら高田先生がお話ししました。
    子供たちは身を乗り出して、真剣に聞いてくれました。
    「ウミガメ、かわいそう。」「えー!そんなのいやだ!」
    と、新鮮な反応。

     

    講義の途中には皆で一色海岸に行き、砂浜に落ちているマイクロプラスチックを拾いました。
    20180420_180704_000420180420_180704_0006

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    砂の中にはたくさんの小さなプラスチックが存在しているんだよ、という実験もその場で実演しました。
    実際に浜に行ったことで、より先生の話に興味が湧いたのではないでしょうか。
    20180420_180704_000720180420_180704_0008

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    小学校低学年ながらも、出前授業の内容は心に響いていた様子でした。
    彼らのような若い世代に、仲間を増やしていくことはとても大事だなと感じた、貴重な時間でした。
    NPO法人オーシャンファミリー海洋自然体験センタ―の皆さま、ありがとうございました。

    一色海岸で採取したレジンペレットとプラスチック破片は分析し、ペレットに関してはIPW Global MAPに反映してありますので、ご覧ください。

  • 【2017】/10/15 富山サンプリング
    2018-06-22
    DSCF0848

    2017/10/15に富山湾の海岸にてペレット・マイクロプラスチック採取に 行ってきました。             サンプリング場所は富山県射水市にある六渡寺海岸。 庄川と小矢部川という二つの川に囲まれた砂浜でし...

  • 2018/06/09 お台場サンプリング(環境資源科学実習&パルシステム東京)
    2018-06-11
    RIMG0402

    2018年6月9日、東京・お台場へ、ペレットとマイクロプラスチックのサンプリングに行ってきました。   今回のサンプリングは東京農工大学1年生に向けた環境資源科学実習と、パルシステム東京さんによる「お台場の砂浜でマイクロプラスチック採取体験&学習...

  • 【2017】/10/7 沖縄 座間味島サンプリング
    2018-06-08
    IMGP0817

    2017年10月17日、沖縄県座間味島にペレット・マイクロプラスチックのサンプリングに行ってきました。 座間味島は沖縄本島から高速船で小一時間のところにある離島です。 那覇空港から船着き場までも車ですぐのところにあるため、アクセスのしやすい離島という...

  • 【2017】/9/21-29 インドサンプリング
    2018-06-03
    IMGP0071

    2017/9/21-29の9日間、サンプリングのためインドへ行ってきました。 今回は滞在期間中で堆積物、地下水、河川水、レジンペレット、プラスチック製品が 微細化したフラグメント、そして海面に浮遊しているマイクロプラスチックを採取しました。 滞在場所はイ...