toggle

海岸漂着プラスチックレジンペレットを分析した地球規模のPOPsモニタリング

汚染マップ

海へ出かけたとき、海岸に漂着したごみを目の当たりにしたことはありませんか?その中にはプラスチックもあるかと思います。
International Pellet Watch(IPW)では、海岸に漂着しているレジンペレット(ペレット)というプラスチック小粒を分析することで、沿岸海域の疎水性有機汚染物質の汚染モニタリングを行っています。
2005年の開始以降、50か国80以上の個人や団体がこのプロジェクトに参加し、世界中で500地点以上のペレットが送られてきました。そしてモニタリング結果を発信し、地球規模で海洋汚染状況を監視してきました。
分析対象成分は、PCBsや有機塩素系農薬などといった残留性有機汚染物質(POPs)です。POPsは生物蓄積性、海洋生物や人への悪影響のために、ストックホルム条約といった国際条約により規制されています。

プラスチック汚染

ペレットは表面が親油性であるため、周辺海水中からPOPsをはじめとする疎水性物質を高濃度に吸着します。同様の蓄積は海洋中のプラスチック破片にも起こります。ペレットは、すべての海洋プラスチックの代用物といえます。

IPWでは、リスク評価のために海洋プラスチック中のPOPs濃度と地域差を明らかにします。IPWではこれまで、これまでに、海洋プラスチックが海洋環境中のPOPsを遠くまで輸送することを説明してきました。

また、IPWに関連する研究においても、生物が誤って摂食したプラスチックからPOPsが組織に移行されることが説明されました。
IPWによって得られるグローバルな汚染マップは、プラスチックの有害化が地球上のどこでも世界的な規模で起こっていることを示しています。

しかし、世界中で分析できていない海域もありますし、過去に分析した海域でも現在の汚染状況が変化している場合もあります。

自分が拾ったプラスチック粒により、世界の人々とつながり、それにより地球規模の問題理解に参加できる、一緒にやってみませんか?浜辺に行った際、ペレットを拾って私たちに送ってください。自分で拾ったプラスチック粒により、世界の人々とつながり、地球規模の問題理解に参加することができます。未来の海を守るために、一緒に取り組みませんか?

プラスチックの時代からの脱却を

■ 街で発生したプラゴミが世界の海を漂う
■ プラスチックを摂食する海洋生物
■ 化学汚染物質を運ぶプラスチック
■ マイクロプラスチックの増加と食物連鎖による人への懸念
■ 使い捨てプラスチックの削減を

近くの浜辺でペレットを拾って送ってください

 IPWでは依然として分析地域が世界全体を網羅しておらず、モニタリングを継続しています。あなたが近くの浜辺で拾ったペレットを送ってくれるとしたら、それは地球を守ることにつながるでしょう。

新着記事

  • Plastic Trash flowing to the ocean
    2017-08-08

    昨年のマレーシア調査の時の映像です。船をチャーターしてクラン市を目指して川を遡ると、ペットボトルや使い捨てランチボックスなどの大量のプラゴミに遭遇。

  • ニューヨーク市のレジ袋課税法への支持声明
    2017-01-24

    In response to the New York State government bill that would block the New York City Bag Law, due to go into effect on February 15, 2017  “Plastic bag regulation: top priority given at the United Nations HQ, Informal Co...

  • 9月15日~20日 マレーシアサンプリング
    2016-10-31
    image%e2%91%a3

    9月15日から20日の5日間、試料採取のためマレーシアに行き、 レジンペレット、河川水、堆積物、mussel(二枚貝)、そしてプラスチックごみが微細化したマイクロプラスチックのサンプリングをしてきました。 レジンペレットとマイクロプラスチックは、マレー半島西...

  • 9月9日~10日 仙台・気仙沼ペレット採取
    2016-10-05
    菖蒲田浜でのマイクロプラスチック採取

    9月9日から10日の2日間、東北マリンサイエンスのmussel(二枚貝)サンプリングに同行し、仙台と気仙沼の大島でペレット採取を行ってきました。 今回ペレット採取を行ったのは、一年前(2015年度)の同サンプリングでペレットを採取した仙台の菖蒲田海水浴場の結果を踏...

  • ペットボトルの河
    2016-05-29
    大量のペットボトルの漂着

    これは東南アジアでもアフリカでもなく、日本、それも東京の光景だ。 今日は、スカイツリーがバックに映る、荒川河口にテレビの取材が同行し調査に行った。テトラポットのこちら側は一面大量のプラスチックゴミで埋めつくされている。その大半はペットボトル...