toggle

海岸漂着プラスチックレジンペレットを分析した地球規模のPOPsモニタリング

汚染マップ

海へ出かけたとき、海岸に漂着したごみを目の当たりにしたことはありませんか?その中にはプラスチックもあるかと思います。
International Pellet Watch(IPW)では、海岸に漂着しているレジンペレット(ペレット)というプラスチック小粒を分析することで、沿岸海域の疎水性有機汚染物質の汚染モニタリングを行っています。
2005年の開始以降、50か国80以上の個人や団体がこのプロジェクトに参加し、世界中で500地点以上のペレットが送られてきました。そしてモニタリング結果を発信し、地球規模で海洋汚染状況を監視してきました。
分析対象成分は、PCBsや有機塩素系農薬などといった残留性有機汚染物質(POPs)です。POPsは生物蓄積性、海洋生物や人への悪影響のために、ストックホルム条約といった国際条約により規制されています。

プラスチック汚染

ペレットは表面が親油性であるため、周辺海水中からPOPsをはじめとする疎水性物質を高濃度に吸着します。同様の蓄積は海洋中のプラスチック破片にも起こります。ペレットは、すべての海洋プラスチックの代用物といえます。

IPWでは、リスク評価のために海洋プラスチック中のPOPs濃度と地域差を明らかにします。IPWではこれまで、これまでに、海洋プラスチックが海洋環境中のPOPsを遠くまで輸送することを説明してきました。

また、IPWに関連する研究においても、生物が誤って摂食したプラスチックからPOPsが組織に移行されることが説明されました。
IPWによって得られるグローバルな汚染マップは、プラスチックの有害化が地球上のどこでも世界的な規模で起こっていることを示しています。

しかし、世界中で分析できていない海域もありますし、過去に分析した海域でも現在の汚染状況が変化している場合もあります。

自分が拾ったプラスチック粒により、世界の人々とつながり、それにより地球規模の問題理解に参加できる、一緒にやってみませんか?浜辺に行った際、ペレットを拾って私たちに送ってください。自分で拾ったプラスチック粒により、世界の人々とつながり、地球規模の問題理解に参加することができます。未来の海を守るために、一緒に取り組みませんか?

プラスチックの時代からの脱却を

■ 街で発生したプラゴミが世界の海を漂う
■ プラスチックを摂食する海洋生物
■ 化学汚染物質を運ぶプラスチック
■ マイクロプラスチックの増加と食物連鎖による人への懸念
■ 使い捨てプラスチックの削減を

近くの浜辺でペレットを拾って送ってください

 IPWでは依然として分析地域が世界全体を網羅しておらず、モニタリングを継続しています。あなたが近くの浜辺で拾ったペレットを送ってくれるとしたら、それは地球を守ることにつながるでしょう。

新着記事

  • ペットボトルの河
    2016-05-29

    これは東南アジアでもアフリカでもなく、日本、それも東京の光景だ。東京の荒川河口のプラゴミ集積地

    河原を覆うプラゴミ

    今日は、スカイツリーがバックに映る、荒川河口にテレビの取材が同行し調査に行った。テトラポットのこちら側は一面大量のプラスチックゴミで埋めつくされている。その大半はペットボトルだ。この場所は車でアクセスもできず、誰かが不法投棄したものではない。満潮時には水につかる場所であり、これらのプラスチックゴミは、川から来たものだ。荒川の流域でポイ捨てされたり、ゴミ箱から溢れたプラゴミが雨で洗い流され、川を浮いて流れて、ここに打ち上げられているのだ。

    大量のペットボトルの漂着ペットボトルはリサイクル率が86%と一番高い製品である。しかし、使う量が増えれば増えるほど、リサイクルされずに川や海に流れ込むペットボトルが数が増えることをこの光景は物語っている。とにかく、もとを絶つこと、ペットボトルの使用を極力控えることが必要だと思う。大手ビールメーカーがビールをペットボトルで販売することを検討していると新聞記事で見た。とんでもない話しだ。この光景を見れば、ビールをペットボトルで販売することが愚かなことだと気がつくのではないだろうか。

    Microplasticsこれらのプラスチックは紫外線や波の力で、細片化、微細化して、マイクロプラスチックとなる。実際にペットボトルなどの大きなプラスチックゴミの周辺をよく見ると、おびただしい数のプラスチック片、マイクロプラスチックが散乱している。形や色は東京湾で観測されるものに似ている。東京湾のマイクロプラスチックは、流域の陸上、私たちの生活からもたらされたものだ。日本周辺の海域のマイクロプラスチックが世界平均の30倍だという観測結果から、「それらは中国や東南アジアから海流で運ばれてきたからだ」と言って、「自分たち日本人は排出者ではない」というようなことが言われることもある。しかし、それが間違いであることも、この写真は物語っている。もちろん黒潮に乗って流れてくるものもあるだろう、しかし、東京湾について言えば、マイクロプラスチックの大半は流域から排出されたプラスチックがその起源であろう。我々自身の陸上での使い捨てプラスチックの使いすぎが原因なのである。No single-use plastics!

    荒川河口の鳥

    これらの大小様々なプラスチックは、鳥やカニ、魚、貝など生物がその大きさに応じて取り込んでしまう。この場所にもカニはいるし、鳥もいた。プラスチック摂食によるそれらの生物への影響も懸念される。さらに、魚貝類に取り込まれれば、それを食べる人間への影響も懸念される。プラスチックの多用は、自分たち自身の首をしめてしまうことも理解していただきたい。使い捨てのプラスチックを減らしましょう。

     

  • 「東京湾のカタクチイワシ8割からプラスチックごみ」記事配信
    2016-04-09
    東京湾海水中から検出されたマイクロビーズ

    共同通信から「東京湾のカタクチイワシ8割からプラスチックごみ」の記事が配信されました。東京新聞の記事はこちらです↓ http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201604/CK2016040902000231.html 日刊スポーツの記事はこちらです↓ http://www.nikkan...

  • 分析中のペレット (2016年4月8日)
    2016-04-08
    牧川港周辺(種子島)

    現在、日本のペレット2地点を分析しています。 ・瀬戸内海に位置する大島(愛媛県今治市吉海町) ・種子島の牧川港付近 島シリーズです。 愛媛と鹿児島のペレットを分析するのは初めてなので、結果が気になります。

  • 日本化粧品連合会がマイクロビーズの自主規制を開始
    2016-03-31
    東京湾海水中から検出されたマイクロビーズ

    本日、日本プラスチック工業連盟の事務局の方から以下の情報をいただきました。「日本化粧品連合会(粧工連)が、3/17付けで粧工連の会長名で、『洗い流しのスクラブ製品におけるマイクロプラ...

  • 4月3日 府中(東京)で映画「Trashed」+ 解説講演
    2016-03-29
    映画Trashed上映会と講演のチラシ

    4月3日 (日)午前10時から府中(東京)で映画「Trashed-ゴミ地球の代償」上映会が行われます。映画のあとに高田が解説と補足の講演を行います。2回の上映+講演です。2回目は午後1時からです。よい映画です。この映画を観ると、東京23区のように...