toggle
ブログ

Plastic Trash flowing to the ocean

昨年のマレーシア調査の時の映像です。船をチャーターしてクラン市を目指して川を遡ると、ペットボトルや使い捨てランチボックスなどの大量のプラゴミに遭遇。

ニューヨーク市のレジ袋課税法への支持声明

In response to the New York State government bill that would block the New York City Bag Law, due to go into effect on February 15, 2017

 “Plastic bag regulation: top priority given at the United Nations HQ, Informal Consultative Process on Oceans and the Law of the Sea, 2016

The public may commonly associate microplastics with microbeads from personal care products, yet plastic bags are a significant source of microplastics that accumulate toxins and deserve immediate consideration from policymakers due to negative environmental and health implications.

“Plastic” is a term collectively used for various polymers, of which polyethylene (PE) is the most widely used, surpassing polypropylene (PP), polystyrene (PS), polyvinyl chloride (PVC), and polyethylene terephthalate (PET). The most common application of PE is plastic shopping or carryout bags (“plastic bags” hereafter), which have a key lightweight or low-density physiochemical property. Since PE is lighter and has a lower density than water, it can float on the water’s surface, enabling it to travel long distances, as far as the open ocean. On the sea’s surface, PE is exposed to sunlight, leading to it breaking down into smaller pieces or microplastics.

One of the major problems of microplastics in the marine environment is their ability to accumulate pollutants, such as oil, PCBs and organochlorine pesticides in seawater through the sorption process. The sorption of pollutants to plastics is considered the “toxification” of plastics. The critical factor of PE in the marine environment is that it has the highest capacity of toxification among all the polymers1, 2).  Therefore, International Pellet Watch (IPW, www.pelletwatch.org) is utilizing PE resin pellets as the medium to monitor marine pollution.

Ingestion of microplastics by shellfish3) and fish4, 5) has been reported in recent studies. Because plastics carry pollutants, ingestion of plastics by marine organisms can be considered internal exposure of pollutants to the biota. We have confirmed the transfer of pollutants from ingested plastics to the biological organs of seabirds6). Laboratory experiments have also confirmed the similar plastic-mediated transfer of chemicals to fish tissue7).  Furthermore, recent publications8-11) suggest adverse effects of some biological functions, such as the reproduction of oyster, caused by ingested plastics and associated chemicals11). The amounts of plastics used in the experiments were larger than those observed in the current marine environment.  However, the cumulative quantity of plastic input to the ocean is predicted to increase by an order of magnitude by 202512).  The amounts of plastics in the marine environment are steadily increasing and microplastics are persistent in the marine environment since they cannot be removed once they enter the ocean.

Figure 1 (http://www.pelletwatch.org/maps/map-1.html) illustrates that polyethylene (PE) is dispersed throughout the globe and that all the pellets are toxified with PCBs. The same toxification occurs for PE fragments derived from plastic bags because they are made of the same polymer type as the resin pellets. Policymakers in New York City, New York State, and Northern New Jersey should be taking note of the extremely high concentration of PCBs found in the PE pellets in the New York/New Jersey regions, including the Great Lakes.

As a precautionary principle, we must reduce the inputs of plastic waste to the sea. Government policies, such as plastic bag bans, fees and taxes on single-use carryout bags, have already shown to be successful in cities, states, and countries around the world, leading to significant reduction of plastic bag usage and effectively working as a countermeasure against plastic pollution.

As mentioned above, PE, the most commonly used polymer, has the highest sorption capacity among all polymers and is most readily transformed into microplastics. At the 17th meeting of the United Nations Open-ended Informal Consultative Process on Oceans and the Law of the Sea which was held United Nations Headquarters in New York City, I stated that banning PE products must be considered as a top priority13). Protecting the New York City bag fee law is critical for reducing marine pollution caused by polyethylene, the plastic polymer with the highest toxification capacity entering our precious waterways.

Thank you so much for your attention.

Hideshige Takada, Ph.D

Coordinator of International Pellet Watch (IPW)
Professor
Laboratory of Organic Geochemistry (LOG)
Tokyo University of Agriculture and Technology,
Fuchu, Tokyo 183-8509, Japan

References

1)     Endo, S.; Takizawa, R.; Okuda, K.; Takada, H.; Chiba, K.; Kanehiro, H.; Ogi, H.; Yamashita, R.; Date, T., Concentration of Polychlorinated Biphenyls (PCBs) in Beached Resin Pellets: Variability among Individual Particles and Regional Differences. Mar. Pollut. Bull. 2005, 50, (10), 1103-1114.

2)     Rochman, C. M.; Hoh, E.; Hentschel, B. T.; Kaye, S., Long-Term Field Measurement of Sorption of Organic Contaminants to Five Types of Plastic Pellets: Implications for Plastic Marine Debris. Environ. Sci. Technol. 2013, 47, (3), 1646-1654.

3)     Van Cauwenberghe, L.; Janssen, C. R., Microplastics in bivalves cultured for human consumption. Environ. Pollut. 2014, 193, (0), 65-70.

4)     Lusher, A. L.; McHugh, M.; Thompson, R. C., Occurrence of microplastics in the gastrointestinal tract of pelagic and demersal fish from the English Channel. Mar. Pollut. Bull. 2013, 67, (1–2), 94-99.

5)     Tanaka, K.; Takada, H., Microplastic fragments and microbeads in digestive tracts of planktivorous fish from urban coastal waters. Scientific Reports 2016, 6, 34351.

6)     Tanaka, K.; Takada, H.; Yamashita, R.; Mizukawa, K.; Fukuwaka, M.-a.; Watanuki, Y., Facilitated Leaching of Additive-Derived PBDEs from Plastic by Seabirds’ Stomach Oil and Accumulation in Tissues. Environ. Sci. Technol. 2015, 49, (19), 11799-11807.

7)     Wardrop, P.; Shimeta, J.; Nugegoda, D.; Morrison, P. D.; Miranda, A.; Tang, M.; Clarke, B. O., Chemical Pollutants Sorbed to Ingested Microbeads from Personal Care Products Accumulate in Fish. Environ. Sci. Technol. 2016, 50, (7), 4037-4044.

8)     Rochman, C. M.; Hoh, E.; Kurobe, T.; Teh, S. J., Ingested plastic transfers hazardous chemicals to fish and induces hepatic stress. Scientific Reports 2013, 3, 3263.

9)     Browne, M. A.; Niven, S. J.; Galloway, T. S.; Rowland, S. J.; Thompson, R. C., Microplastic Moves Pollutants and Additives to Worms, Reducing Functions Linked to Health and Biodiversity. Current Biology 2013, 23, (23), 2388-2392.

10)    Lönnstedt, O. M.; Eklöv, P., Environmentally relevant concentrations of microplastic particles influence larval fish ecology. Science 2016, 352, (6290), 1213-1216.

11)    Sussarellu, R.; Suquet, M.; Thomas, Y.; Lambert, C.; Fabioux, C.; Pernet, M. E. J.; Le Goïc, N.; Quillien, V.; Mingant, C.; Epelboin, Y.; Corporeau, C.; Guyomarch, J.; Robbens, J.; Paul-Pont, I.; Soudant, P.; Huvet, A., Oyster reproduction is affected by exposure to polystyrene microplastics. Proceedings of the National Academy of Sciences 2016, 113, (9), 2430-2435.

12)    Jambeck, J. R.; Geyer, R.; Wilcox, C.; Siegler, T. R.; Perryman, M.; Andrady, A.; Narayan, R.; Law, K. L., Plastic waste inputs from land into the ocean. Science 2015, 347, (6223), 768-771.

13)    Report on the work of the United Nations Open-ended Informal Consultative Process on Oceans and the Law of the Sea at its seventeenth meetingLetter dated 20 July 2016 from the Co-Chairs of the Informal Consultative Process addressed to the President of the General Assembly (see page 11 for my statement) http://www.un.org/depts/los/consultative_process/documents/ICP_Report_2012

9月15日~20日 マレーシアサンプリング

9月15日から20日の5日間、試料採取のためマレーシアに行き、
レジンペレット、河川水、堆積物、mussel(二枚貝)、そしてプラスチックごみが微細化したマイクロプラスチックのサンプリングをしてきました。
レジンペレットとマイクロプラスチックは、マレー半島西海岸南部に位置するMalacca(マラッカ)、そして首都 Kuala Lumpur(クアラアルンプール)と Malacca の間に位置する Port Dickson(ポートディクソン)の二つの砂浜で採取しました。

%e5%85%a8%e4%bd%93%e5%9c%b0%e5%9b%b3%e3%80%80%e6%94%b9 %e3%83%9e%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%a2%e5%9c%b0%e5%9b%b3

サンプリング初日の16日。初めに向かった Port Dicksonは首都Kuala Lumpurから近く、海水浴場としても利用されています。
今回採取を行った際にも、海水浴をしに来ている人達がいました。
人の出入りが多いため、ペレット以外にもこのようにたくさんのプラスチックごみがありました。

image

image%e2%91%a1

今回サンプリングを共同で行ったマラヤ大学の教授の方やその研究員の方々にも手伝って頂き、分析に必要な量のペレットを集めることができました。
ありがとうございました。
分析結果は後程、ご報告致します。

続いて向かったのは Malacca。
写真では伝わりにくいですが、ここは先程の Port Dicksonよりも海水が茶色く濁っていました。
image%e2%91%a2 image%e2%91%a3
海水浴をしている人はいませんでしたが、民家がすぐ近くにあるため人の出入りがある砂浜と思われます。
ペットボトルを中心に多くのプラスチックごみがありました。

ここでも、マラヤ大学の皆さんに協力して頂き、黄変ペレットを必要量採取することができました。
こちらも、分析結果は後程ご報告いたします。

2016-10-05 | お知らせ

9月9日~10日 仙台・気仙沼ペレット採取

9月9日から10日の2日間、東北マリンサイエンスのmussel(二枚貝)サンプリングに同行し、仙台と気仙沼の大島でペレット採取を行ってきました。

今回ペレット採取を行ったのは、一年前(2015年度)の同サンプリングでペレットを採取した仙台の菖蒲田海水浴場の結果を踏まえたためであり、今年もペレットを採取し分析することにしました。

~2015年度に採取されたペレットによるJapanese Pellet WatchのPAHsの結果~

jpw-pahs-map-new

菖蒲田海水浴場のPAHs(多環芳香族炭化水素)の濃度が、日本沿岸域18地点のなかで最も高いものでした。
また、PAHsは石油起源(ex.石油の漏えい)と燃焼起源(ex.自動車やエンジンの排出粒子)がありますが、菖蒲田海水浴場のPAHsは石油起源の寄与が大きいものでした。
世界と比較しても菖蒲田海水浴場のPAHs濃度は中程度より高い結果でした。
(※他の分析対象成分の分析結果についても今後投稿していけたらと思います。)

そのため、この結果が一時的なものなのか、今年も同じ結果となるのか、調査する必要がありました。

~サンプリング風景~

ペレット採取を行ったのは、10日。まずは菖蒲田海水浴場。
%e8%8f%96%e8%92%b2%e7%94%b0%e6%b5%b7%e6%b0%b4%e6%b5%b4%e5%a0%b4%e2%91%a0

砂浜には大量の漂着物とプラスチックごみがありました。ペレットも散りばめられたかのようにたくさん見つかりました。
%e8%8f%96%e8%92%b2%e7%94%b0%e6%b5%b7%e6%b0%b4%e6%b5%b4%e5%a0%b4%e2%91%a2

菖蒲田海水浴場の海開きは、震災以降休止していましたが、今年はプレオープンとして10日間開催されたようです。
あいコープみやぎの職員の方々とそのお子様と共にペレットを採取しました。ご協力ありがとうございました。
%e8%8f%96%e8%92%b2%e7%94%b0%e6%b5%9c%e6%b5%b7%e6%b0%b4%e6%b5%b4%e5%a0%b4%e2%91%a3

ご協力により、試料に用いる黄変PE(ポリエチレン)ペレットは621粒も採取できました。
10月分析予定で、結果はまた後程報告させていただきます。

続いては、気仙沼に移動し大島へ。
こちらも砂浜には漂着物の木片とプラスチックごみが見られました。
%e6%b0%97%e4%bb%99%e6%b2%bc%e5%a4%a7%e5%b3%b6%e2%91%a0

%e6%b0%97%e4%bb%99%e6%b2%bc%e5%a4%a7%e5%b3%b6%e2%91%a1

しかし、大島では小田の浜海水浴場と田中浜のどちらもペレットがあまり見当たりませんでした。
なんとか見つかった黄変PEペレットで分析する予定です。

%e6%b0%97%e4%bb%99%e6%b2%bc%e5%a4%a7%e5%b3%b6%e2%91%a2

2016-05-29 | お知らせ

ペットボトルの河

これは東南アジアでもアフリカでもなく、日本、それも東京の光景だ。東京の荒川河口のプラゴミ集積地

河原を覆うプラゴミ

今日は、スカイツリーがバックに映る、荒川河口にテレビの取材が同行し調査に行った。テトラポットのこちら側は一面大量のプラスチックゴミで埋めつくされている。その大半はペットボトルだ。この場所は車でアクセスもできず、誰かが不法投棄したものではない。満潮時には水につかる場所であり、これらのプラスチックゴミは、川から来たものだ。荒川の流域でポイ捨てされたり、ゴミ箱から溢れたプラゴミが雨で洗い流され、川を浮いて流れて、ここに打ち上げられているのだ。

大量のペットボトルの漂着ペットボトルはリサイクル率が86%と一番高い製品である。しかし、使う量が増えれば増えるほど、リサイクルされずに川や海に流れ込むペットボトルが数が増えることをこの光景は物語っている。とにかく、もとを絶つこと、ペットボトルの使用を極力控えることが必要だと思う。大手ビールメーカーがビールをペットボトルで販売することを検討していると新聞記事で見た。とんでもない話しだ。この光景を見れば、ビールをペットボトルで販売することが愚かなことだと気がつくのではないだろうか。

Microplasticsこれらのプラスチックは紫外線や波の力で、細片化、微細化して、マイクロプラスチックとなる。実際にペットボトルなどの大きなプラスチックゴミの周辺をよく見ると、おびただしい数のプラスチック片、マイクロプラスチックが散乱している。形や色は東京湾で観測されるものに似ている。東京湾のマイクロプラスチックは、流域の陸上、私たちの生活からもたらされたものだ。日本周辺の海域のマイクロプラスチックが世界平均の30倍だという観測結果から、「それらは中国や東南アジアから海流で運ばれてきたからだ」と言って、「自分たち日本人は排出者ではない」というようなことが言われることもある。しかし、それが間違いであることも、この写真は物語っている。もちろん黒潮に乗って流れてくるものもあるだろう、しかし、東京湾について言えば、マイクロプラスチックの大半は流域から排出されたプラスチックがその起源であろう。我々自身の陸上での使い捨てプラスチックの使いすぎが原因なのである。No single-use plastics!

荒川河口の鳥

これらの大小様々なプラスチックは、鳥やカニ、魚、貝など生物がその大きさに応じて取り込んでしまう。この場所にもカニはいるし、鳥もいた。プラスチック摂食によるそれらの生物への影響も懸念される。さらに、魚貝類に取り込まれれば、それを食べる人間への影響も懸念される。プラスチックの多用は、自分たち自身の首をしめてしまうことも理解していただきたい。使い捨てのプラスチックを減らしましょう。

 

2016-04-09 | お知らせ

「東京湾のカタクチイワシ8割からプラスチックごみ」記事配信

共同通信から「東京湾のカタクチイワシ8割からプラスチックごみ」の記事が配信されました。東京新聞の記事はこちらです↓
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201604/CK2016040902000231.html

日刊スポーツの記事はこちらです↓
http://www.nikkansports.com/general/news/1628933.html

 

分析中のペレット (2016年4月8日)

現在、日本のペレット2地点を分析しています。

・瀬戸内海に位置する大島(愛媛県今治市吉海町)
大島 吉海町(愛媛県今治市)

大島 吉海町(愛媛県今治市) 詳細地図

・種子島の牧川港付近
牧川港周辺(種子島)

牧川港周辺(種子島) 詳細地図

島シリーズです。
愛媛と鹿児島のペレットを分析するのは初めてなので、結果が気になります。

2016-03-31 | お知らせ

日本化粧品連合会がマイクロビーズの自主規制を開始

本日、日本プラスチック工業連盟の事務局の方から以下の情報をいただきました。「日本化粧品連合会(粧工連)が、3/17付けで粧工連の会長名で、『洗い流しのスクラブ製品におけるマイクロプラスチックビーズの使用中止に向け、速やかに対応を図られること』をお願いする旨の文書を、参加会員(約1,100社)に発信した」。日本の業界が自主規制の方向に動いたということです。

東京湾海水中から検出されたマイクロビーズマイクロビーズは東京湾の海水中(左図:東京湾の海水中から検出されたマイクロビーズ;撮影:西部裕一郎氏)、魚(カタクチイワシ)中からも検出されており、それらは洗顔剤等に配合されているマイクロビーズに由来すると考えられます。マイクロビーズは意図的に製品に配合しているので、それが無くなる方向に動き始めたことはマイクロプラスチック汚染の低減にとって、重要です。しかし、海水中でも魚の中でも大多数(9割以上)はプラスチック製品の破片なので、マイクロビーズ自主規制ははじめの一歩だと思います。プラスチックごみの発生抑制がいよいよ重要になってきました。

 

2016-03-29 | お知らせ

4月3日 府中(東京)で映画「Trashed」+ 解説講演

映画Trashed上映会と講演のチラシ
4月3日 (日)午前10時から府中(東京)で映画「Trashed-ゴミ地球の代償」上映会が行われます。映画のあとに高田が解説と補足の講演を行います。2回の上映+講演です。2回目は午後1時からです。よい映画です。この映画を観ると、東京23区のようにプラゴミを焼却することが問題であることもよくわかると思います。埋立ても浸出水など問題があります。海に入ってきて問題になることはこのサイトでもよく書いていることです。やはり、使い捨てのプラスチックは減らさなければいけないですね。

2016-03-23 | お知らせ

東京都環境局「東京のポイ捨てが太平洋の海ごみになっている」

 

東京都環境局海ごみリーフレット

東京都環境局の海ごみ問題を考えるポスターが都営地下鉄などで掲示されています。「東京のポイ捨てが太平洋の海ごみになっている」、よいキャッチコピーだと思います。海洋プラスチック汚染は、海水浴などで海に来た人が捨てたものではないのです。海から離れた街でも、プラゴミが地面に落ちれば、雨で洗い流されて、水路や川を経て、最後は海(あるいは湖)に流れ着きます。海から離れた街の人にも是非この問題を知ってもらいたいのです。このことを伝えるよいキャッチコピーです。もう少し、「プラスチック」が前面にでるともっとよかったと思います。太平洋のマイクロプラスチックの写真提供などでIPWも協力させていただきました。以下のサイトでリーフレットもご覧下さい。

 

 

 

1 2